Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ジロ・デ・イタリア2007 17ステージ(ゾンコラン峠の頂上ゴール)
ジロが生放送になる前はあまり興味がなく、ツールドフランスだけを楽しみに見ていた私。
でも去年か今年から生放送になって、山岳ステージは見ることが多くなった。
で、昨日の17ステージ。最後の峠が最大斜度22%って・・・崖か?
山に入ってからも今まで見たことのないような角度の映像。
でも登ってくるんだよなぁ、スゴイ。
プロトン(集団)からアタックをかけたシモーニ。
一度は抜け出せたのだが徐々にシュレクが追いついてくる。22歳の新人だそうだ。
決してギアは軽くないのにシッティングのままペダルを回している。表情も辛さが見えない。
なんだかウルリッヒ(の初期)を彷彿とさせた。

でもゴール間近で再度シモーニがアタック!この切れ味にはシュレクはついていけなかった。
そしてシモーニの先にいたピエポリ(シモーニのチームメイト)のお尻をポンと叩くと
2人はゴールに向けてペダルをこぎ、ゴール地点ではなんとも微笑ましい光景になった。
その模様はJSPORTSのこちらをどうぞ。

ちなみにシモーニが黄色ジャージで、ピエポリは緑です。
ゴール後もシモーニはピエポリを称えていたし、実況や解説の人も「ピエポリ、シブイ!」
と感激しきりでした(笑)

これでピエポリの山岳賞ジャージもほぼ確定。
またエースのシモーニにトップをとらせ更に1位のボーナスタイムを獲得させ、なおかつ
自分が2位になることで後続の選手のボーナスタイムが減るという、アシストしても素晴
らしい仕事をしたというわけです。だからシブイのです。

しかし、このゴールシーンはよかったなぁ。。。滅多に見られませんよ。
我が家もこのシーンで幸せな気持ちになりました。
どうかこの写真がリンク切れしませんように(笑)

土曜のTT(タイムトライアル)は見なくては!
posted by: かーみっと | スポーツ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kermy-emotion.jugem.jp/trackback/71
トラックバック