Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
麗蘭「Good Times Roll」 2014/12/28,29 at 京都磔磔
今年は12/28,29の2日間。
12/28は整理番号もなかなかよかったので、左前の通路脇にスタンバイ。
メンバー登場、ち、近い!控え目に出した手はメンバーに触れることはなかったけど。
オープニングは今年のライブタイトルでもある新曲「Good Time Rolls」
会場をあたためるのにピッタリのご機嫌なナンバー。
目の前にいる男性がかなり激しく横揺れでノっているため、酔いそう。。
でもしょうがないか、楽しんでいるんだから(苦笑)
「真冬の熱帯夜」公平さんのエレキ弾く姿は、近年は麗蘭でしか見られないから痺れるっ。
 
この日はスタートから異常な盛り上がり!かくいう自分もすごくハイテンション。
チャボさんもそんな皆の盛り上がりを観て「すげーな」と。
今年は、旅立たったアーティストへ捧げる、おそらく今年限りのナンバーを2曲披露したり、カバー曲などがかなり多かった。
また公平さんボーカルの曲もいつもより多めの3曲。
ソロでも聴いている曲たちだけど、麗蘭アレンジはやはり更にいい。
ギター弾きに徹するチャボさんもまた素敵だし、早川さんのベースがいいんだよね。
 
そんな中で個人的に印象深かったのは「SOSが鳴ってる」
9.11の後で作った曲で、本当はこの歌をあまり歌いたくないけど(歌わずに済む世の中であってほしかったけど)、というような意味のことを話していた。
チャボさんは語りかけるように歌っていたし、バンドのアレンジも、唄を聴かせる控え目なアレンジだったように思う。
 
また、救いの神様それは。。とはじまったのが「ミュージック」
12月のビルボードではやらなかったため、観客の盛り上がりは最高潮に。
やはりこれは欠かせない名曲だなぁ。
 
そして、今年新たに名曲が生まれた。
今年は11月に政治家たちの様々な思惑で衆議院が解散、12月に総選挙があった。
もはや国民そっちのけ。でも国民の投票率も低く、政治家たちの思うつぼ。
そんな折、「俺たちのマニフェスト、つくってきた」と、チャボさん。
本編最後は「マニフェスト〜We are the Lay-Run〜」
 
ビルボードではじめて聴いた時から「なんてカッコイイ曲なんだ!」と思っていたけど、
更に確信にかわる。
歌詞、すでにだいぶ忘れてしまったけど、
“吉と出るのか凶と出るのか”“遊びってわけじゃない””本気のゲームさ”
“We are the lay-run, we can’t stop the music”と続く。
本気で音楽やっている人たちのカッコよさをこれでもかと見せつけてくれる。
歌詞もいいし、チャボさんの叩きつけるような歌い方もいい、そして曲がシンプルなんだけど、とっってもかっこよくて。
中でも早川さんの音が個人的には一番効いているように思った。
もう、ずーっと聴いていたい(笑)
 
アンコールでは、年末磔磔ならではの「ゆく歳くる歳」「Hello-Good-bye」から
これも近年の名曲「歩く」、そしてメンバー紹介を兼ねたクールダウンさせてくれる「ミステリー」で締め。
退場する公平さん、チャボさんの手に一瞬触れることができた。
なんだか、来年いいことありそうな気がしてきたっ!
 
翌日は整理番号はよくなかったものの、後ろの一段高いエリアに混じって観ることができた。演奏するメンバーを見られないだろうと思っていたので、ラッキー♪
今日は磔磔にはじめて来たという、京都在住の先輩のご友人夫妻も一緒。
麗蘭のLiveもはじめてとのことで、どんな感想を持つのか楽しみ。
 
今日のお客さんは少しおとなしめだったかな。後ろにいたからそう感じただけなのか。
昨日も披露したジョニーウィンターの捧げる曲の締めくくりが、昨日以上にクールに決まった。CDに入るかな、これ^^
 
お、ご一緒している夫妻のダンナ様がノリノリ♪
ライブというものにも縁遠いという奥様も楽しんでくれている。よかった、さすが麗蘭♪
 
最終日のこの日だけ披露された「年の瀬」のチャボさんの紅白トークもいつも以上に熱を帯びていて、もう笑いが止まらなかった。
RockとかBluesとか言ってったって、みんな紅白観てたんだ、日本人の血には演歌が流れているんだ、ってのは心の底からうなずいちゃったし、皆も爆笑してたから共感を覚えていたはずで。
 
いろいろあったけど今年もいい締めくくりになった。
思わず紅白で演歌を聴きながらライブを思い出した2014年だった。

 
posted by: かーみっと | 麗蘭 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kermy-emotion.jugem.jp/trackback/203
トラックバック