Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
THE RISING OF THE CURTAIN at 豊洲PIT 2014/10/17
豊洲PITでのこけら落とし公演に甲斐バンドが出る、というので、
甲斐バンドファンの先輩にお誘いいただき、行ってきた。

豊洲PITは、東日本大震災の復興支援を行う社団法人により創設されたシアターで
PITも、Power Into Tohokuの略。
この豊洲を皮切りに、仙台・いわき・釜石と、東北3県につくられていく予定らしい。

この日もドリンク代として1000円を払う以外、チケット代は無料。
つまり、この日出演してくれた皆さんは友情出演みたいなもの。
それでも先輩の気合で、確保されたチケットは何と最前列。すげー。

トップバッターは、岸谷香がピアノを弾きながら歌い、ベースのあっこちゃん・高嶋ちさ子などが共演でもりあがる。
次はがらっと雰囲気を変えて、バイオリニスト川合郁子が福島の尺八奏者と共演。
三組目は、「世界の車窓から」を作って演奏しているチェリスト溝口肇と書道家の紫舟。
演奏している間に、その曲の世界に合わせて書を描く、というパフォーマンスで、
当日に演る曲の変更を溝口さんが申し出て、それに応じて紫舟さんも描く書も変更したそうだが、優美な鶴を一瞬にして描き出す迷いのない筆の動きは圧巻。

そしてこの日もっとも印象に残った4組目。西田敏行/倍賞千恵子/小六禮次郎の共演。
小六さんは倍賞さんのダンナ様でもあるそうで、ピアノを弾く方。
そのピアノに合わせてお二人がそれぞれの持ち歌を歌う。
倍賞さんが歌ったのは、「さよならはダンスの後に」
歌いだしがアカペラっぽかったような気がするのだけど、これが、とっっても素敵で!!!
もともと松竹歌劇団に所属していたということで、お得意なのかもしれないけど、
もう73歳とかなのに、放たれる艶とハリのある声、そして何とも言えない凛とした佇まい。
カーッコイイッ! 素敵っ!! すっかり魅了されちゃいました♪
その後、西田さんとのほんわか軽妙トークの後、西田さんが歌い始めたのは
「もしもピアノが弾けたなら」
子供の頃に見ていたドラマでリアルタイムに聴いていたこの曲が聴けた喜びもあるけど、
当時よりずっと感動しちゃったんだよなぁ。。
サビの「だけどボクにはピアノが無い、君に聴かせる腕も無い」あたりからは自然と涙が。。
西田さんの重ねた歳月が、唄にも出たのだと思う。
それに、故郷福島への思いもひとしおだから、なんてこともあるのかもしれない。
その後に披露された「花は咲く」もよかったな。。

トリをかざったのはアコースティック編成気味の甲斐バンド。
もちろん、もりあがりました。途中溝口さんとの共演もあったりして、貴重〜。
ただ、西田さんと倍賞さんの印象が私には強烈で、甲斐バンド、あまり覚えてません。。
ごめんなさい、甲斐さん(苦笑)

このシアターは、とても音がクリアに聞こえました。
まあ、聴く場所や演奏楽器・機材によって印象も違うかもしれないけど、
ここでエレカシや麗蘭とか聴いてみたいな(笑)
posted by: かーみっと | LIVE | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:25 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kermy-emotion.jugem.jp/trackback/202
トラックバック