Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
つ、ついにI'm Sixty-Four 麗と蘭 2014/10/11 at 渋谷プレジャープレジャー
チャボさんのバースデーライブ最終日
3日連続で、全部違う曲をやるわけだから、そりゃ疲れる。
普段はこういうとき「最終日まで力とっておいた!」とか言うんだけど、
珍しく「疲れてやめようと思ったけど、来てよかった」とか本音が混じっていた(苦笑)

オープニングは「マンボのボーイフレンド」
これはアコースティックな雰囲気がいい。

年末磔磔でやるライブに毎年タイトルがついていて、
そのタイトルの曲を作るのだけど、披露する機会が少ないから、
そういう曲をやってやる!といくつか。

「泣いてたまるか!」「LoveLoveLove」「La-La-La」のほかに
かなりリアレンジされた「HappySong」
この曲もライブタイトルだったのか。知らなかった。

アルバム「SOSが鳴ってる」からも多く披露された。
「SOSが鳴ってる」「悲惨な争い」「Eden」
一昨日、昨日、と一貫したものを感じる。

他には村八分のカバーもあった。

公平さんボーカルの曲は普段より多めで3曲
「Blues in回転木馬」「光るゼブラのブギー」「四つ辻のブルース」
チャボさんがのせてくるスライド。うーん、麗蘭です♪

機材や座った位置の影響もあるだろうけど、公平さんのギター、どんどんいい音になってるような気がする。使いこむとやっぱり違うんだなぁ。

ただ、チャボさんが公平さんを見ているときに公平さんが気付かなかったり、
その逆のパターンだったり、というケースがこの日は多く見受けられて、
中には終わりが合わない、というようなケースもあった。
バンマス公平が珍しいな、と思ったくらい。

麗蘭だと、二人が中央で寄り添って弾く姿も多くみられるけど、
機材の都合なのか、公平さんはあまり動いていなかった。
ホントはもっとイチャつく感じが見たいけど(笑)

そういえば、チャボさんのMCで公平さんと初めて居酒屋で二人で飲むことになったときの
エピソードが面白かった。二人とも寡黙だから何をとっかかりに話したらいいのか、と
一応先輩のチャボさんは考え、「どんな曲聴いてるの?」とあたりさわりないところから入ろうとしたら、気だるそうに「もっと自分のこと話したいよ」といい放ったのだとか。
でも、チャボさんはそこが気に入って、今に至ると。

いやー、当時の姿を見ていたら、私怖くてファンになってなかっただろうな(苦笑)

でもこの日の公平さんは、チャボさんのお誕生日を祝えることを心底喜んでいたと思う。
そしてその喜びを観客である私たちにも分け与えてくれた。

公平さんリードでサプライズの「HappyBirthday」合唱。
会場に響き渡る「ハッピーバースデー、Dear チャボさん〜♪」
チャボさん恥ずかしそうに、でも嬉しいと。
私たちも嬉しかったんですよ♪

本編ラストは「GetBack」でアンコールラストは「歩く」
昨年披露された新曲だけど、これ名曲だなぁ。。
最後にラララララ〜、と皆でコーラスするんだけど、そのときに
「唇の唄は誰にも奪われないんだ!」って言っていた。それが印象的。

さあ、元気をもらった。明日からまた前に進むかな。

●全くの余談
先週買い損ねた公平さんのライブアルバムを購入。
すると今回も本人がサインするという。
しばし悩む。
だって、そんな至近距離だったら、固まって「なんも言えねー」状態になること請け合い。
しかし、一緒に来た先輩が「もらわなくてホントにいいの?」と背中を押す。
まあ、悩むくらいだから、サインしてもらいたい気持ちもあるわけで。
そうこうするうちにもう、至近距離で本人がサインをはじめた。
おお、、オーラがスターだ。。近くで見るほど色っぽいんですけど。。
で、ここは思い切って並ぶことに。

だんだん自分の番が近付くにつれ、鼓動が激しくなる。
もう、オエッてなりそうなほど緊張がMax。
あ、握手とかもしてる人がいる。。マズイ手に汗が(困)
そうこうするうちに自分の番に。さらさらっとサインしてくれている。
「あ、ありがとうございました」と精いっぱい声を絞り出すと、右手が差し出された。
こ、公平さんのあのギター弾く右手と握手ですよ。もう声でない。
そして、見上げるその目と目が合う。「うっ、目力強い。。!カッコイイ。。」
握手でも伝わったんじゃないだろうか、私の心拍数は。
「遅れましたがお誕生日おめでとうございます」とすら言えなかった。。

以前握手したのは、数年前のサムズアップでのFCイベントだった。
そのときは立ってお出迎えしてくれてたんだよね、、王子さまみたいだったな、はは。

しかし政治家が有権者と必ず目を見て握手するというけど、その効果を実感しました(^^;
公平さんのライブに行かれる方はぜひ経験してほしいな。
 
posted by: かーみっと | 仲井戸麗市 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kermy-emotion.jugem.jp/trackback/199
トラックバック