Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
つ、ついにI'm Sixty-Four CHABO SOLO 2014/10/9 at 渋谷プレジャープレジャー
10/9はチャボさんの64歳のお誕生日。
初日10/9はソロ、10/10はChabo Band、10/11は麗と蘭で3日連続のバースデイライブ。

ソロのSEは、ビートルズの「When I'm 64」
日本語詩をつけたカバーもうたってくれた。
昔は64歳なんて宇宙人的な歳だと思っていたけど、その歳になったと。

震災をきっかけにこんな俺でも「ふるさと」のことを考えたりした、
といった話もお母様の話をまじえてしてくれた。

原点となるのはやはり新宿、と、新宿シリーズの曲やポエトリーを披露。
新宿の街で録ったという雑踏の音が曲と曲の合間に聞こえる。
「花園神社」「エピローグ」ではその当時の風景が見えてくるようだった。
そして「MyHomeTownの夜」

RCでこの季節の曲がある、と「甲州街道は秋なのさ」
そろそろキヨシロウに会いたいね、とポツリ。
別の曲でも「一人はさみしいよ、バンド小僧なんだからさ」と冗談っぽく呟いていたっけ。


そしてアンコール
サプライズで山口洋さんがギター型のお花いっぱいのケーキ(なのかな?)をもって登場。
お誕生日らしい雰囲気に。チャボさん、64歳おめでとうございます。
一緒に歌うことは無く、そのまま舞台袖へ帰っていった。

曲は「月夜のハイウェイドライブ」続けて「Long and winding load」のカバー。
この道は君に続いているのか、僕を連れて行っておくれよ、
僕は今日もこうしてここにたっている、君はあのときのまま
そんなような歌詞だったと思う。

チャボさんはどんな思いでその歌詞をつけたのかな。。複雑な思いにかられた。
でも最後は「ガルシアの風」を全部リーディングで披露してくれた。
だからきっと。
posted by: かーみっと | 仲井戸麗市 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kermy-emotion.jugem.jp/trackback/197
トラックバック