Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
土屋公平 Solo LIVE BIRTHDAY BOOGIE! 2014/10/4 at 下北沢GARDEN
10/4は公平さんの54歳の誕生日。
今年は全国各地をツアーで回り、お客さんとの交流もし、新たな発見もあったみたい。
ステージの真ん中に立つその姿が、すっかりサマになっている。

アコースティックタイプの2本のギターで様々な音を聴かせてくれる。
私のニューアルバムのお気に入りはやっぱり「Do you wanna?」
このファンクな感じ、公平さんにしか出せないと思う。かっこいー!!
もひとつのお気に入り「青空のパレード」
歌詞の世界も空を仰いでいる感じがして、なんかいいんだよね。

公平さんの声質とぴったりで素敵だなと思うのはアルバムタイトルの曲「少年とギター」
ただ、じっと聞いてるとドキドキする歌詞でもあるので、その分次点(苦笑)

新曲って言って披露してくれた「スペードのクィーン」もよかった気がする。
ちょっと時間経って忘れてしまったので、次のソロライブで確認しよう。

1曲歌い終わって静まり返る雰囲気の中、公平さんゆったりと飲み物を口にする。
MCで何を話すのかと皆じっと待っているわけだが、無言のままゆったりとギター調整。
そして発した言葉が「嫌いじゃない、この空気感」みたいなことを。
この間も含めて、すごく面白かった。
全国回るうちに公平さんならではのトーク術、確立しつつあるかも。
不健康だろうと思ったら文句なく健康体だった話とかも。
そうですよ、健康でいてもらわなくちゃ。これからもたくさん聴きたいし会いたいもんね。
北海道からフェリーで帰るときに、海から本州が見えるけど、愛おしく感じたといった話も。
他にもかなりフレンドリーにナチュラルにお話ししてくれていました。

「ラーラとチェリー」あたりからだったか皆立ち上がってノリノリムードに。
そうそう、公平さんの音楽はやはりスタンディングの方が楽しめるよね。
イスだと動く体にどうしてもストップがかかるような気がして。
「クレイジーホース」のときに「誕生日に集まってくれて♪」というような替え歌も。
ここでようやく私も皆にまじって、おめでとーって言えたのだった^^

「光るゼブラのブギー」の入りの部分ではブンブンとギターを鳴らすのだけど、
このギターでこんなぶっとい音が出るんだな、と改めてビックリしたり。
インストの「コーヒーと君」の演奏には凄みすらありました。

あ、そうそうアンコールの冒頭で、何人かの方がお祝いのクラッカーを鳴らしていて。
かすかに残る火薬の香りが、この日はとてもハッピーな感じだったな。

今年は土曜日だからか、男性客も今までに見たことないくらいたくさんいた。
野太い「公平〜」「蘭丸〜」てな声もいっぱいかかってた。公平さん嬉しかったろうなぁ。

うーん。あらためて惚れ直した感じ。
今の公平さんが、一番好きだな。
posted by: かーみっと | 土屋公平 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:56 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kermy-emotion.jugem.jp/trackback/196
トラックバック