Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
宮本浩次(エレファントカシマシ) 2012.10.14 @日比谷野外大音楽堂
 

宮本浩次の体調不良により中止と発表になっていたエレカシの日比谷野音。

それが10/10に、急きょ宮本のコメントが発表された。

 

ファンのみなさんへ

今回左耳の外リンパ瘻という病気で、全力で歌うことが出来なくなってしまい
東京と大阪の野音のコンサートを中止せざるを得なくなってしまいました。
コンサートを楽しみにしていてくれたみなさん
それからエレファントカシマシを応援してくれているみなさん
たくさん驚かせそして心配させてしまってごめんなさい。
実は術後一週間くらいは半ば茫然と過ごしていたのですが
主治医の先生から「この状況に慣れて歌ってなおしてゆくしかない」という類の励ましの言葉を貰って
十日ほど前から毎日アコースティックギターを使って自分のペースで歌うことを始めました。
すると確かに左耳はいつものようには聞こえないのですが
一方で歌に集中することで心が軽くなり同時に元気になっている自分を感じることも出来ました。
これはとてもうれしいことでした。
いつものエレファントカシマシのステージはもちろん出来ないのですが
日比谷野音のステージで少しだけど歌う事にしました。

ファンのみんなには勝手ばかり言って本当にすまないが
どうか俺を野音で少しだけ歌わせてくれ

十月十日 エレファントカシマシ 宮本浩次

 

 

この言葉に心を揺さぶられ、チケットを持つ持たないに関わらず皆今日をじっと待っていたはず。
でも一体どの程度唄えるのか、そして演奏できるのか。期待と不安が入り混じる。

 

空が薄暗くなってきた頃、場内の照明が落ちる。

宮本(以下先生)一人で登場、アコギ片手にパイプ椅子の背に座り、始まったのは「夢のちまた」

幾度となく見返した野音DVDの1日目と同じはじまり!野音に来たんだ。。。

音程がとれない気配はみじんもないが、様子を見ながらのせいか、高音の箇所は裏声気味に唄っている。でも野音の空に響くその声は予想以上に素晴らしい。

 

唄い終えると、ファンに語りはじめた。

今回は本当にビックリさせちゃって、がっかりさせちゃってごめんなさい

医者に行って薬を処方してもらって様子を見ていたんだけど尋常ではない耳鳴りがして別の病院へ行ったら、突発性難聴はこんな急激に悪化しない、手術しましょうって

もう俺ビックリしちゃって。入院なんてしたことない元気自慢だったから

手術で喉に管を通すので、味覚がおかしくなったり声が出なくなることもあるかもしれないが命を優先しますから!とお医者さんに言われて、わ、わかりました!って

俺ももう46で、やっぱり衰えてて、4月頃からマラソン始めたりさ、(耳鳴りはその頃から少しあったようです)7月からはタバコもやめたんですよ

入院しているときはいろいろと人生を振り返ったりもしました。でもいいこともあって。声がよくなりました!

なんかいろいろ疲れがたまっていたのかもしれません

 

うん、そんな気がする。先生にとって必然の休息なのだ。そしてより高みへ登るための試練なんだ。こんなことでも起きなきゃ、先生いつでも突っ走ったままだからね(苦笑)

 

 

「悲しみの果て」もアコギ一本。唄い慣れているせいか高音も声が伸びやかに響き渡る。

去年のロックオーケストラでアコギセッションで唄ったときと同じく、唄が心に染みいってくる感じ。バンドもカッコいいんだけど、弾き語りも素晴らしいよ先生は。

途中、ギターのコードを見失い、弾きなおすシーンもあったが、何だか先生が部屋で一人ギターで唄っている時はこんな感じなんだろうなと思うと微笑んでしまった。

でも普段、いかにバンドメンバーに助けてもらっているかがわかる一面でもある。

 

野音という環境が先生に自信を与えてくれているのか唄ううちにどんどんよくなってきた。

 

「約束」の後、「友人が来てくれたので」と蔦谷さんとヒラマさんをステージへ。

「リッスントゥザミュージック」これもよかった。。

 

友人たちはいったん舞台袖へ下がり、また先生一人。

「野音なので古い曲も」とはじまったのは「月の夜」

味わい深い。。。。こんないい曲だったっけ?
"一夜の歌を"とか"も少し遊ぼうか"といった歌詞は今の先生の気持そのままかもしれない。

続いて「うつらうつら」「見果てぬ夢」
古い曲はCDでしか聴いたことがなかったけど、当時は感情をそのままぶつけるような唄い方だったりするので、今日は全く別の曲に聞こえた。古い唄の数々を今の先生が唄うと楽曲の良さがもっと見えてくるような気がする。


そして「涙を流す男」(新曲)

聴いているときは、これ何だろう、これも古い唄だけど別の曲に聞こえているだけかな?

なんて思っていたんだけど、友達にあれも新曲だったねと後で言われて、そうか!”と気づいたというお粗末な私でした。

そしてなんとアコギバージョンでの「花男」

いやー、先生ギターも上手いなー。だってアコギもめちゃめちゃリズム刻んでましたから。

 

「俺たちの明日」

先生はこれいい唄だと改めて思ったみたいで(笑)

 

もう一度蔦谷さんとヒラマさんが登場し「笑顔の未来へ」

 

"体は元気だし唄えるんだけど、まだ爆音に不安があって、しばらくライブはお休みしますけど必ず戻ってきますから!"

 

最後、古い友人たちがステージに登場。

今日あなたもステージにたててよかったねと石君をいじる先生(笑)

曲は新曲「ズレてる方がいい」

今日最初で最後のバンド演奏。先生の様子を見ていると、途中何回か左耳を抑えているように見えた。また唄と唄の間で水をとりにいっているときにアンプのボリュームを自ら落とした、、ようにも見えた。

うーん。やはりバンドは当分厳しそうだな。。。待つよ、いくらでも。

誰よりもバンド復活を望んでいるのは、メンバーとスタッフの皆さんに違いないのだから。

バンドメンバーにもその間、別の形で充電してほしい。他のアーティストとセッションするところなんか個人的には見てみたいな。

 

唄い終わって“ありがとうございました、また会おう”と言ってメンバーは舞台を去った。

 

終わってみればたっぷり1時間。素晴らしい時間を共有できたことに心から感謝。

先生、そしてメンバー・スタッフの皆さん、大変だったと思いますが本当にありがとう。
先生も「来てよかった」と言っていたけど歌うことが心底嬉しいんだよね。
このチケットは大切に保管しておきます。


 
渋谷陽一「エレカシ、野音終わる」
http://ro69.jp/blog/shibuya/73921

山崎洋一郎「エレカシ宮本、12曲を歌いきった」
http://ro69.jp/blog/yamazaki/73920

posted by: かーみっと | エレファントカシマシ | 00:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:28 | - | - |
おお、やはり記事upしてたか。
熱いレポを読ませて頂き、また感動がよみがえりました。

野音は、本当に最高だったね!
やはり、あの場所はエレカシにとって特別なんだなと思った。
先生も、楽しくなってきて12曲も歌ってくれたしね(笑)
花男とか、アコギバージョンもいいなという新たな発見も。

後日、テレビで野音の模様を見た時に、先生は左耳をおさえながら
歌っていて、そこまでしてでも歌ってくれた先生や、周りのスタッフには
本当に感謝です。
私もチケットは一生の宝物にします。

きっと先生はひと回りもふた回りもデッカクなって、戻ってくるよ。
そして、超ド級の美声を披露してくれるでしょう。

それまでは、DVD、CD、本などをじっくり見て、聴きこんで、
次回のライブに備えよう!
| ヴィッツ | 2012/10/17 10:00 PM |
おー、ようこそ〜♪

初めてのエレカシ野音がこんなにも思い出深いものになるなんてね。。
先生の笑顔もテレビ放送で見ました。LIVEで歌うこと大好きなんだもんね♪
ああ先生歌えてよかったね。。って思ったでしょ?(笑)

6月のツアーのときはほとんどMCもなかったけど今回は人間宮本にほんの少しだけど触れられた感じがしたし、素晴らしかったなぁ。

うん、次回のライブに備えようー!
先生が早く回復しますように。
他のメンバー、スタッフも元気でありますように(-人-)
| かーみっと | 2012/10/18 8:52 PM |









この記事のトラックバックURL
http://kermy-emotion.jugem.jp/trackback/182
トラックバック